通勤時間の平均はどれくらいか?車や電車と首都圏や田舎の違いも

通勤時間の平均について。

日本における通勤時間や手段は住んでいる地域で大きく異なります。

車通勤での平均時間

まずは車通勤です。3大都市圏、政令都市や政令市では利便性の観点からもあまり利用されません。

地方都市においては逆に電車やバスの利便性が損われるため車通勤を利用することも多いです。30分以内の車通勤であれば、むしろ利便性の観点からも良い場合が多いでしょう。

企業としては事故が発生した場合のリスクを考えても長時間の車通勤には難色を示すこともあるため、車通勤の平均時間は電車通勤と比べて短く、30分程度となっています。

電車通勤での平均時間

電車通勤は都市圏では最も多い通勤手段になります。特に日本では時差出勤、時差通勤、フレックスという文化がなかなか根付かないこともあり、通勤時間はかなりの乗車率になり、路線によっても100%をゆうに超える過剰な乗車数によってかなり苦痛な時間となる場合も多く出ています。

とはいえ、JRや私鉄、自治体が運営する鉄道なども含めると非常に交通網が発達しており、単純に移動することを考えると最も最適な手段だと言えるかもしれません。

時間としては首都圏でなければ、乗車時間ベースで60分以内が目安です。

女性の通勤時間の平均は?

男性に比べて女性は比較的通勤時間は短めであることが多いです。

男性に比べて遠くても通勤せざるを得ないという事情が少ないこと、安全面から通勤可能範囲を予め短く設定していることもその原因でしょう。

実際、電車通勤の場合では通勤時間帯には各路線ともに女性専用車両を設けたり、放送での呼びかけによる注意も喚起しているものの、痴漢行為による女性のリスクはなかなか収まる事はありませんし、帰宅時などにトラブルに巻き込まれる事件も起こっているので、特に女性は短い通勤時間を選択する人が多いでしょう。

こうした事情も踏まえて、平均的に30分以内の通勤時間という人が多いようです。

首都圏に会社がある場合

家賃の都合などで少し離れた場所に住む場合が多くなります。必然的に通勤時間も1時間半、もしくは2時間ちかくかけて通勤する場合も出てきます。

特に遠距離手当が出ることもないので、首都圏で通勤をする場合は通勤時間と家賃のバランスを考えてプランすることが働く側にとっても非常に重要になってきます。

田舎暮らしの通勤時間の平均は?

首都圏の通勤時間に比べて田舎暮らしの通勤時間の平均はどれくらいでしょうか。

田舎だと近くに仕事がないというケースは多いですからね。

 

 

 

 

参考になったらシェアしてくださいね!

あわせて読みたい